夢・建築工房のリノベーション

2014.07.01

リノベーション鶴ヶ島の家(工事工程を写真で解説)

工事概要(概要の下に工事工程写真あります!!)

築年数:30年 構造:木造軸組2階建住宅 延床面積:75.77㎡
工事期間:3.0ヶ月(2011.4月~7月) (当社借家へ仮住まい)
国交省「長期優良住宅先導事業」既存住宅改修部門で国から200万の補助金を受けました

高断熱高気密工事

高断熱工事 熱損失係数Q値2.1W/㎡Kへ改修(既存時Q値7.9W/㎡K)
天井:熱貫流率0.12W/㎡Kへ改修(既存時4.48W/㎡K)
壁:熱貫流率0.42W/㎡Kへ改修(既存時0.81W/㎡K)
床:熱貫流率0.37W/㎡Kへ改修(既存時2.54W/㎡K)
サッシ:オール樹脂アルゴンガス入りペアへ入替え
(既存時アルミ単板ガラス)
玄関ドア:熱貫流率0.9W/㎡K超高断熱木製ドア
高気密工事 気密測定C値1.7cm2/㎡
合板気密工法・シート気密工法による

冷暖房工事

暖房 薪ストーブ設置(暖房0エネルギー)
冷房 エアコン

給湯工事

ガス エコジョーズ新設 給湯効率94%

換気工事

第3種換気設備 台所レンジフードを利用

高耐震工事

耐力壁工事 現行の建築基準法x1.5倍の耐力壁設置
金物工事 N値計算による金物設置
基礎補強工事 無筋基礎のため有筋基礎による補強

高耐久工事

事前チェック 床下・小屋裏シロアリ有り・腐朽有りのため薬剤処理施工
工事中チェック 梁補強・柱土台入替えと補強有り
床下防湿処理 防湿コンクリート厚12cm全面打設

外装仕上げ工事

屋根 ガリバリウム鋼板吹石屋根に葺増し
外壁 通気層式金属サイディング張替え(一部ベイ杉羽目板有り)

内装仕上げ工事

ムクさくらフローリングに張替
壁・天井 羽目板・クロス

設備工事

台所 システムキッチン取替え
お風呂 断熱浴槽のUBへ入替え
トイレ 節水トイレに入替え
化粧台 新規に設置

「鶴ヶ島の家」工事写真

既存建物現場調査と耐震診断

既存建物現場調査にてお客様のご要望確認。さらに改修範囲と断熱性能気密性能をどこまで高めるかのご相談。

既存建物現場調査と耐震診断

既存リビング

既存洗面所

既存洗面所

既存浴室

既存浴室

耐震診断小屋裏調査

耐震診断によりどこまで耐震改修が必要かを判断する。写真は小屋裏調査

耐震診断床下調査

耐震診断床下調査。現場調査+診断ソフトにより改修判断を行う。

ご予算と改修範囲をご納得いただきリノベーション工事開始。まずは建物解体

ご予算と改修範囲をご納得いただきリノベーション工事開始。まずは建物解体

浴室廻り解体

浴室廻り解体。かなり腐朽している。

基礎補強が必要になったため床全面解体

基礎補強が必要になったため床全面解体

断熱気密もできる限り最新の状態にしたいということで壁も全面解体

断熱気密もできる限り最新の状態にしたいということで壁・天井全面解体。解体終了時の写真

解体後の建物調査

解体後の建物調査によって腐朽や白蟻の確認。耐震・柱梁の補強等の最終確認。ここが大事!!

解体後建物調査

解体後建物調査

解体後建物調査

解体後建物調査

解体後建物調査

解体後建物調査

基礎工事開始。根切り工事写真

基礎耐震補強、防湿施工工事開始。根切り工事写真

基礎根切り工事

基礎根切り工事

給排水先行配管工事。

給排水先行配管工事。内部配管はすべて新設。

基礎砕石転圧工事

基礎砕石転圧工事

防湿シート・メッシュ筋の敷きこみ

防湿シート・メッシュ筋の敷きこみ

配筋と補強金物の設置。このホールダウン金物が最も重要です。

配筋と補強金物の設置。このホールダウン金物が最も重要です。

配筋工事と耐震金物設置

配筋工事と耐震金物設置

防湿コンクリート打設厚10cm

防湿コンクリート打設厚10cm

防湿コンクリート打設

防湿コンクリート打設

基礎立ち上がり枠設置

基礎立ち上がり枠設置

耐震補強基礎工事完了。湿気もなくなり気持ち良い床下になることでしょう。

耐震補強基礎工事完了。湿気もなくなり気持ち良い床下になることでしょう。

耐震基礎工事終了。

耐震基礎工事終了。

木工事開始です!まずは腐朽した柱の取り替えや梁の補強、耐震壁の設置工事です。

木工事開始です!まずは腐朽した柱の取り替えや梁の補強、耐震壁の設置工事です。

木工事梁補強

木工事梁補強

木工事梁補強と化粧耐震筋違の設置。90x90角ヒノキ

木工事梁補強と化粧耐震筋違の設置。90x90角ヒノキ

筋違、構造用合板により耐震壁のバランス良く配置することが大幅増設。大事です。

筋違、構造用合板の設置により耐震性を基準法の2倍程度までアップ。バランス良く配置することが大事です。

金物工事1

耐震金物工事。現行の基準法にのっとった金物の取り付けです。当時はほとんどこれらの金物はついておりません。

耐震金物工事

耐震金物工事

内給排水配管工事。内部はすべて新設です。メンテナンスを容易にするヘッダー仕様

内部給排水配管工事。内部はすべて新設です。メンテナンスを容易にするヘッダー仕様

内部配管工事

内部配管工事

床先貼りシート。気密をとるのに大事な工事です。

床先貼り気密防湿シート。気密をとるのに大事な工事です。

天井先貼り気密防湿シート。天井気密施工をするうえで大事な工事です。

天井先貼り気密防湿シート。天井気密施工をするうえで大事な工事です。

床下断熱。高性能GW16K厚120mm

床下断熱工事。高性能GW16K厚120mm

壁断熱工事。高性能GW16K厚105mm

壁断熱工事。高性能GW16K厚105mm

バルコニー裏断熱工事。吹込GW厚300mm

バルコニー裏断熱工事。吹込GW厚300mm

天井裏断熱工事。吹込GW厚300mm

天井裏断熱工事。吹込GW厚300mm

外壁透湿防水シート貼。

外壁透湿防水シート貼。

外壁工事:ガルバリウム鋼板に張替。サッシ工事:オール樹脂サッシアルゴンガス入りLow-Eペアガラスへ入れ替え。

外壁工事:ガルバリウム鋼板に張替。サッシ工事:オール樹脂サッシアルゴンガス入りLow-Eペアガラスへ入れ替え。

第3者機関による気密測定の実施。1.7cm2/m2。気密住宅の基準クリアー!!

第3者機関による気密測定の実施。1.7cm2/m2。気密住宅の基準クリアー!!

階段は予算の削減で既存の階段にカバー工法できれいに。。

階段は予算の削減で既存の階段にカバー工法できれいに。。

玄関ドア。スウェーデン製玄関ドアへ取り替え。非常に断熱性に優れたドアです。

玄関ドア。スウェーデン製玄関ドアへ取り替え。非常に断熱性に優れた玄関ドアです。

屋根はカバー工法で施工します。防水シート施工。

屋根はカバー工法で施工します。防水シート施工。

ディプロマット葺き(ガルバリウム鋼板に天然石が葺いてあります。仕上げ30年保証です。

ディプロマット葺き(ガルバリウム鋼板に天然石が葺いてあります。仕上げ30年保証です。)

耐震・断熱・気密工事が終わったら、あとは新築と同じ自然素材を使いながら仕上げていきましょう!!

耐震・断熱・気密工事が終わったら、あとは新築住宅と同じです。自然素材を使いながら仕上げていきましょう!!

竣工外観

リノベーション後外観

竣工外観2

リノベーション後外観2

リノベーション後内観(リビング)

リノベーション後内観(リビング)。天井杉板。壁クロス。床かばさくらです。薪ストーブの冬が楽しみですね。

リノベーション後内観2

リノベーション後内観2。次世代省エネ基準を上回る断熱性を実現したリノベーション。素敵です。

リノベーション後内観3

リノベーション後内観3。耐震性も現行の基準以上。安心です。

リノベーション後お風呂

リノベーション後お風呂。快適なUB。カビよおさらば。

造作食器棚

造作食器棚。お客様の意向に合わせて造作。これが楽しいのです。

リノベーション後2階洋室。

リノベーション後2階洋室。シンプルな中に煙突が!ほのかに暖かさが感じられると思います。その暖かさを高性能な住宅は外部へ逃がしません。