夢・建築工房のリノベーション

2014.05.01

リノベーション「柏の家」(工事写真あり)

工事概要

築年数:25年 構造:木造2x4住宅 延床面積:113.85㎡
工事期間:2.5ヶ月(2010.10月~12月) (住みながら工事)
エコポイント30万有り

高断熱高気密工事

高断熱工事 熱損失係数Q値1.6W/㎡Kへ改修(既存時Q値6.4W/㎡K)
天井:熱貫流率0.22W/㎡Kへ改修(既存時0.81W/㎡K)
壁:熱貫流率0.34W/㎡Kへ改修(既存時0.86W/㎡K)
床:熱貫流率0.25W/㎡Kへ改修(既存時0.94W/㎡K)
サッシ:すべてオール樹脂アルゴンガス入りLow-Eペアへ入替え
一部Low-E無し(既存時アルミ単板ガラス)
玄関ドア:熱貫流率0.9W/㎡K超高断熱木製ドア
高気密工事 気密測定C値1.5cm2/㎡へ改修(第3者機関により測定)
合板気密工法・シート気密工法による

冷暖房工事

暖房 APF6.1エアコン1台
冷房 同上

給湯

ガス エコジョーズ 給湯効率94%

換気工事

第1種換気設備 熱交換型換気扇を使用。
(Panasonic FY-75VBD5Ax2台使用)
夏対策廃熱用換気扇を階段上に設置

高耐震工事

耐力壁工事 2x4住宅のため耐震工事無し。
ただし既存モルタルヨコ胴縁工法により耐力壁の増力を図った。

高耐久工事

事前チェック 床下・小屋裏シロアリ・腐朽無し
工事中チェック 浴室解体後目視判断により補強なし

外装仕上げ工事

屋根 屋根断熱工事の上、軽量屋根に葺替え
外壁 通気層式サイディング張替え
高性能GW16K50mm付加断熱によるカバー工法仕様

内装仕上げ工事

ムクアカシアフローリングに張増(1Fすべて)
壁・天井 通気層式サイディング張替えクロス張と左官壁(1・2Fすべて)

設備工事

台所 システムキッチン扉取替え
お風呂 断熱浴槽のUBへ入替え
トイレ 節水トイレに入替え

家具工事

リビング 大型TV台の造作工事

施主様から頂いたメール

夢・建築工房 様
–  1部省略 – 今年の寒さがまったく苦になりません。この住宅の性能の良さを日増しに実感しています。 今日は日差しがあったので、この時間(午後10時頃)でも、2Fの階段上の温度計は、17℃を示しています。また、北側 の一番寒かったこの部屋でも、まったく暖房なしで15.5℃あります。電灯をつけてPCをいじっていると、室温がちょっと上 がって、16℃になりました。Q値1.6程度でこのレベルになるのですから、Q値1.0にすれば、 Ⅳ地域では、ほとんど無暖房住宅になるのではないでしょうか。早く日本全国このような住宅になるよう、 政府の政策も進めてもらいたいものです。快適な家にリフォームしていただきありがとうございました。これで、終の棲家になりました。
○○ ○○ @柏市   2011年1月19日記

「柏の家」工事写真

竣工

造作テレビ収納

造作テレビ収納

サイディング工事終了

サイディング工事終了

気密関係工事

玄関ドア廻り気密工事

玄関ドア廻り気密工事

気密測定

気密測定

11/15:外壁付加断熱工事

既存外壁の上に付加断熱 高性能グラスウール厚50張り

既存外壁の上に付加断熱
高性能グラスウール厚50張り

既存外壁の上に付加断熱 高性能グラスウール厚50張り

既存外壁の上に付加断熱
高性能グラスウール厚50張り

11/10:サッシ工事

アルミ単板ガラスサッシを樹脂高断熱ペアガラスサッシへ総入替え

アルミ単板ガラスサッシを樹脂高断熱ペアガラスサッシへ総入替え

アルミ単板ガラスサッシを樹脂高断熱ペアガラスサッシへ総入替え

アルミ単板ガラスサッシを樹脂高断熱ペアガラスサッシへ総入替え

 10/18:屋根断熱工事

気密シート張りの上新規垂木かけ
気密シート張りの上新規垂木かけ
新規屋根断熱高性能グラスウール  厚200mm
新規屋根断熱高性能グラスウール
厚200mm

 10/12:屋根解体

コロニアルはがし

コロニアルはがし

軒先カット

軒先カット

10/7:既存写真

全景

全景

屋根

屋根