夢建築工房

日本エコハウス大賞2016優秀賞受賞 暖かくて涼しい家をシンプルにつくってます!
                    ”ゆめけんの家” 造り


  • 全棟Q値UA値計算

    住宅の断熱性能をQ値(0.7~2.5)UA値(0.2~0.7)でお伝えします。最高性能の家から国の基準+αまでを4ランクに分け、ランク別の燃費性能、快適度を実際の測定値によりお伝えし、建主様の予算と希望に沿った快適な住環境になるようお打ち合わせをさせていただきます。


  • 全棟気密測定

    当社は高断熱高気密工事に強い大工さんを揃え、更に断熱メーカーさんの施工資料などに参加している気密断熱施工15年のベテラン大工さんを施工管理者におき全現場を巡回管理しております。第3者機関による全棟気密測定も実施しC値0.5cm2/m2以下をお約束いたします。



  • 構造材は県産材

    土台、柱、梁は特殊なものを除きすべて県産材を利用しております。近くの山の木で!そして安心安全な材料で家を建築できます。


  • パッシブな設計

    当社はパッシブな設計を得意とします。自然の恵み(太陽・風)を最大限に生かしたPLANをご提案いたします。日影図の作成や模型、パースを使い工務店ではありますが、設計事務所同等の打ち合わせを行います。


  • 地震に強い家造り

    通常木造3階建てで採用される構造計算である「許容応力度計算」を木造2階建てでも採用しております。構造設計事務所による信頼の高い計算方法です。多くの場合、木造2階建てでは簡易計算がほとんどですが、許容応力度計算では梁、柱、壁まで一ヵ所一ヵ所丁寧に計算していきます。建築基準法を満たせばよいのではなく、安心安全のための当社の設計方針です。


Q1.0住宅「ゆめけんの家」とは


実物大模型
夢・建築工房設立以来より住み心地のよい家を目指し、高断熱高気密に特化した家造りをすすめて22年がたちました。そして昨今の地球を取り巻く環境のこと、当然わたくしたちにも関ってくる未来のこと、そのような問題に取り組むべく、自分達ながら何かもう一歩踏み出してできること…そう考え、国の基準をはるかに上回る高断熱高気密の家にたどり着きました。新住協(新木造技術研究協議会)にて設計施工技術を学び、Q値1.0をきる住宅を数多く建築しております。

ゆめけんの家は、太陽の熱・人の熱・冷蔵庫など家庭機器の熱で90%近くの暖房を補うことができる高性能な住宅です。もちろん夏も小型のエアコン一台で快適に過ごすことができます。複雑な設備は必要ありません。断熱・気密性能を高次元で両立させるだけです。当社は長年の経験と施工実績でドイツで一番厳しい基準もクリアーするドイツ認定パッシブハウスを2棟建築しました。施工不備をなくす為断熱気密施工管理者が全現場を管理もしております。高性能な家は高い施工精度でなければなりません。

そうする事で35坪の住宅が家庭用エアコン1台で夏も冬も家中どこでも快適に生活ができるのです。高価な設備を導入する前にまず住宅の基本性能を高めましょう。
最新の設備機器だらけのZEH(ゼロエネルギーハウス)ではなく、少しの太陽光発電や、小さな太陽熱給湯機でZEH(ゼロエネルギーハウス)にすることも可能です!

詳しくは高坂営業所へ。実物大模型でご説明いたします。